By | 2018年5月26日

走行距離を見ると状態がよく分かる

店頭で販売されている中古車は多くのものがあります。同じ車種でも前のオーナーによって状態が違うので中身を確認しないといけないです。たとえば中古車を買うときには走行距離が重要になるので知っておくといいでしょう。これは前のオーナーがどれくらい乗っていたのかを表すもので、走行距離が短いほどあまり乗っていないことになります。
基本的に走行距離が短いものほど車両のパーツが劣化しておらず状態も良い、それだけに販売価格も高めに設定されているのが特徴です。状態の良いものがほしいのなら走行距離が1万キロ以下のものにしておきます。大体3万キロから7万キロくらいの車だと比較的きれいな物が多いです。
質よりも価格を重視したい方は8万キロくらいから10万キロの中古車を購入するといいでしょう。
走行距離が少し違うだけで大幅に販売価格も変わってくるためチェックするのが基本です。

車両のカラーも見ておくと良い

同じデザインの車でもレッドやブルー、ブラックといったカラーが販売されています。車両の色は重要で値段が大きく変動する事がほとんどです。ブラックやホワイトといった定番カラーは他の色よりも少し高めの金額で売られている場合が多いです。これは年代を問わず多くの方が利用できる商品なので需要があるのが理由となっています。
逆にブルーやレッドといった派手な色は特定の層の方が購入するため販売価格も少し安めです。とにかく安い車両がほしいのなら少し派手目の物を狙ってみるのもよいでしょう。人気車種でも10万円以上安く購入できる場合があります。

ボルボを仙台で購入するなら、冬の雪対策として寒冷地仕様のタイヤを手配することも忘れないようにしましょう。