By | 2018年4月27日

インパクトドライバーってどんな電動工具?

一家に一台あると便利なのがインパクトドライバー。通販で組み立て式の家具を購入した時のネジ締めや、壁にパネルを留めるためのビスの打ち込みにあると大変便利な工具です。
元来はプロが使う専用工具でしたが、最近では女性が使い易いように小型・軽量化されたモノも各メーカーから販売されています。
似たような電動工具にドリルドライバーがありますが、ドリルドライバーは回転力だけで締め付けるためパワーが弱く、インパクトドライバーの方は回転力に打撃力が加わるためパワーがあります。そのため、ドリルドライバーでは出来ない厚い板にビスを打ち込む事が出来たりします。
コードがないバッテリー式が主流なので作業中にコードがジャマになる事もなく、どんな場所にも持って行って使える便利な電動工具です。

インパクトドライバーの使い方のコツとは?

インパクトドライバーはドリルドライバーと違い、締め付けるスピードや力を調節するクラッチ機能というものがありません。
小さなビスだとアッという間に打ち込んでしまうため、板にめり込み過ぎたなんて結果になりがちです。そのため、使い方にはちょっとした注意が必要です。
スピードを調節するのにはトリガー(スイッチ)の引き具合を自分で加減する必要があります。浅めに引けばスローになり、深く引けばスピードは上がりますので、指の力加減に気を配る事が大切です。
ビスを曲がらないように締め付けるためには、本体とビスを垂直に保って打ち込む事がコツです。少しでも斜めになっていると頭をなめたり、曲がって打ち込んでしまうので、慣れないうちは誰かに横で見てもらって垂直かどうかを確かめると上手く出来ますよ。

不要となった電動工具の買取ならば、専門店に買取査定を依頼することが大切です。また、買取実績のあるところもおすすめです。