By | 2017年12月28日

ゲレンデと交通手段をまず決める

スノボツアーを利用するときにまず決めておくと良いのが行きたいゲレンデと交通手段です。ツアーは基本的には有名なゲレンデであれば予定が組まれているので、行きたい場所があるならそれを最優先するのが良いでしょう。情報誌やツアーサイトを見てみるとゲレンデのリストと説明があります。それを見てまず行きたいところを決め、それに応じた交通手段を選ぶのが次の段階です。距離がある場合には飛行機や新幹線が主な交通手段になりますが、比較的近い場合にはバスも利用できます。バスは時間がかかる分だけ費用が安くて済むのがメリットであり、夜行バスを利用すると夜間に移動することも可能です。時間と費用、距離のバランスと好みを考えて交通手段を決めたらもう一つだけ早めに決めるべきことがあります。

宿泊するかしないかも重要

行き先と交通手段と合わせて考える必要があるのが宿泊の有無です。日帰りでもスノボツアーには行くことができます。バスや新幹線の場合には日帰りツアーも多いので、宿泊費をかけたくないときや週末や祝日などを利用してスノボに行きたいときには有力候補です。宿泊をしなくても夜行バスや早朝の新幹線を使うとゲレンデにいる時間は長くすることができます。しかし、疲れをゆっくりと癒やしてきたい場合や、二日以上に分けて存分にスノボを楽しんできたい場合には宿泊をしてきた方が良いと考えられるでしょう。ついでに観光などを楽しむこともできるので、ゲレンデ付近で他にも楽しみたいものがあるときには宿泊を考えるというのも良いと言えます。

スノボツアーでは、スノボのレンタルや初心者のためのレッスンなど細かいサービスが多いです。なぜなら近年、ウィンタースポーツに参加する若者が減っているからです。